FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の卒業(免許返納)

結局、昨日懸念された父の耳の不調はありませんでした。
【リンク先記事:父の近況(2017年6月現在)その3】

そこで、今日は父の日のお祝い…ではありませんが、安全を祈願して江東運転試験場に足を運びました。
更新時期の前に・認知機能検査と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)【リンク先:警視庁HP】なるモノを受講しないと更新できない。しかも、値段が高く時間も拘束させる。
車もなく運転させるメリットも感じないので…返納させた方が良いのでは?と考えたのです。
運転免許の自主返納をサポート【リンク先:警視庁HP】に従い返納窓口で手続き。
写真代800円+運転経歴証明書手数料1000円=1800円で手続き完了です。

朝8時半。若者の取得手続きの混雑とは裏腹に…。返納窓口に並んでいる人は僕達と、父より少し若い年配の方の計3人
早速、書類を2通【返納申請+経歴証明書】写真は証明書の申請用でした。
証明写真を機械で撮影。手数料を別窓口で支払い終えると…別の会場に案内されました。

そこは運転免許の交付所…の奥にある「経歴証明書作成会場」でした。
(恐らく父は一生に一回しか来ない場所でしょう。)

経歴証明書作成用に再度写真撮影。今度は職員立会いのもとに正式な写真を…と言う事で僕がサポート役。

完成した証明書は運転免許証と瓜二つでプライドを保てるものでした。
(警視庁HPと同様に「自動車等の運転はできません」と明記されていました。)

父の返納
父の経歴証明書は個人情報なので出せません。代わりにこの写真でご勘弁を。

スポンサーサイト

テーマ : 親父に関すること - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。