気に病んでも仕方ない…。

今処方されているお薬…十二指腸の傷に対する対処で胃酸を抑える薬を投与されています。
それが、主要因でお通じが出にくい。(ネット情報でほぼ確実)で、同時に下剤薬も投与されています。

…しかし、癖になると頼り切りになるのでなるべくなら早く離脱したいのですが。

でも、不眠に関しては…理由が分からない。
しかも、一回だけ入院中に投与されたときに睡眠時の幻影等があって即刻止めた経緯があり、自宅と病院の環境の急激な変化もあり…不明。
昨日の涼しい状況でやっと眠れたと思いきや地震で目を覚ますという…ちぐはぐな状況。

これでは、気に病んでも仕方がない。一応多少でも睡眠時間は取れているので前向きに進むしかないのです。
スポンサーサイト

テーマ : 薬・薬の副作用 - ジャンル : 心と身体

コメント

おお!お帰りなさい。

生還した以上、これからですぞ!退院したのは明らかにいい傾向ですから、これを大きく育てましょうね。

まあ、体からはあまりいい声が聞こえてこないかもしれませんが、それも貴方次第。

スラヴ行進曲だって、最後まで聞けば明るくなって、歓喜の渦で終わるんだ!ベートーベンの5番だって、ブラームスの1番だって・・・(クラシック興味ないんだっけ?)

すまん、最近の音楽はほとんど知らなくてさ・・・

とりあえず言いたいことは、〝明けない夜は無い”って事です。

生還おめでとう。まあ、落ち着きましたら一緒に食事でもしましょうよ、ね?

何を言いたいのかは…何となくわかる

まぁ、お酒もお肉も現状はNGですけれど(苦笑)
軽食で宜しければ、付き合いますよ。

コメントありがとうございました!

コメントの投稿